サンフランシスコ・サンノゼでの賃貸物件をお探しなら ジャパンリロケーション

創業18年の実績、サンフランシスコ・サンノゼ・ベイエリア全域の賃貸物件は、安心と信頼のジャパンリロケーションへ

Living in Bay Area

2017年10月12日

[カテゴリー: 暮らしの情報 ]

アメリカのおむつ事情ーサイズ、買い方、周辺グッズなど

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

弊社のお客さまには、乳幼児のお子さんを連れて渡米する方も多くいらっしゃいます。アメリカのブランドのおむつは日本にもあるけれど、物がぜんぜん違うと戸惑う方や、何を買ったら良いかわからないとおっしゃる方のために、サンフランシスコ・シリコンバレーのおむつ事情を集めてみました。スタッフや周囲の意見も参考にしています。

サイズと月齢の目安
二大ブランドを比較
おむつを安く買う方法
おしりふきについて
おしりふきウォーマーは必要?
紙おむつ処理ポットについて

サイズと月齢の目安

アメリカのオムツは主にこのようなサイズに分かれています。ブランドによって多少の違いがあります。月齢は、日本の乳幼児の平均体重を参考にしました。

 サイズ 体重(lbs) 体重(㎏)  月齢
 Premiee  6ポンド  2.7kg  0ヶ月
 Newborn  10ポンドまで  4.5kg  0−2ヶ月
 Size 1  8-14ポンド  3.6 – 6.3kg  1−4ヶ月
 Size 2  12-18ポンド  5.4-8.1kg  3−6ヶ月
 Size 3  16-28ポンド  7.2-12.7kg  5ヶ月−1才
 Size 4  22-37ポンド  10-16.7kg  1才−4才7ヶ月
 Size 5  27ポンド以上  12kg以上  3才〜4才
 Size 6  35ポンド以上  15.8kg以上  4才
 Size 7  41ポンド以上  18.6kg以上  5才

二大ブランドを比較

こちらで有名なおむつメーカー、パンパースハギーズを比較してみました。

共通点

  • お腹のあたりをテープでとめるタイプのおむつが主流です。
  • おむつが濡れると色が変わる機能つき。
  • 値段はほぼ同じです。ハギーズはCostcoで安く販売されています。
  • 他のブランドに比べて未熟児用、新生児用のサイズが揃っています。

異なる点

  • パンパースのほうがフィットする、漏れにくいという方もいましたが、お子さんの体型によっても違ってくるようです。
  • ハギーズにはLittle movers diaper pantsという1歳未満も使えるパンツタイプがあります。パンパースにパンツタイプはありません。(月齢が上がるとどちらもトレーニングパンツがあります。)
  • パンパースには敏感肌用のおむつがあります。ハギーズは見つかりませんでしたが、どちらも肌への相性があるようです。
  • 臭い対策…パンパースは香りつきなのでハギーズより排泄物の臭いが気にならないという声がありますが、無香料が好きという方はハギーズを使っています。

おむつを安く買う方法

おむつは最初の1年だけでも2500枚ほどが必要と言われています。できれば良いものを安く買いたいですね。

  • 一箱200枚入りなど大量買いするほど安いです。買う時は1枚あたりの値段を計算します。調べたところ、同じサイズでもパックの枚数によって16セントから30セントと値段に幅がありました。
  • Amazonなどオンラインで買うと割安です。
  • ハギーズ、パンパースはウェブサイトからクーポンがダウンロードできます。
  • ブランドにこだわらなければ、TargetやCostcoなどの自社ブランドが安いです。Luvsというブランドもおすすめです。
  • こちらのおむつメーカーは、日本のような1−2個入りパックを販売していないので合うおむつを見つけるのに費用がかかってしまいます。最小でも20枚−30枚入りパックで値段は10ドルから12ドル前後です。

おしりふきについて

こちらのおしりふき(Baby wipe)は、日本のと比べて大きくて厚いものが多いようです。ウェブ担当はCostocoブランドのものが無香料で大きかったのでよく使いました。周囲の方も使っていたという方が多いです。

おしりふきのウォーマーは必要?

寒い日に冷たいおしりふきを使うのは赤ちゃんがかわいそうなので、おしりふきウォーマーを使っている方もいます。こちらでも30ドル程度で販売されています。

個人的にはおしりふきウォーマーは使いませんでした。
こちらは冬でも10度前後であまり寒くないこと、ウォーマーをつけっぱなしにしておしりふきを干からびさせてしまうのが心配だったこと、家で寒い日にはペーパータオルをお湯で濡らしたものを使っていたことが理由です。周囲も使っている人は少なかったですが、個人の好みだと思います。

紙おむつ処理ポットについて

使用済みの紙おむつを捨てる専用の容器は、こちらではDiaper Pailと呼ばれています。通常のゴミ袋を使うタイプ、専用カセットを使うタイプの二種類がありますが、臭い対策には専用カセットタイプが効果的だそうです。ただし、カセット代がかかります。

ーーーー

周囲に聞きますと、子育てグッズは日本のほうが良いものが多い、持っているものはできるだけ現地に持ってきたほうが良いという意見が多かったです。おむつも日本のほうが質がいいので持ってくればよかったという方も。

いかがでしたか?お子さんに合うものはそれぞれですが、良いものが見つかるといいですね。現地で子育てされる方の参考になれば幸いです。

Living in Bay Area

バックナンバー

お問い合せはこちら


日本語で対応いたします

お問い合せフォーム
List Your Property Free / 物件無料掲載フォーム スーパーマーケット情報 レンタル家具で新生活! スーパーマーケット情報 医療/大学関係者様用特選物件 GREAT! SCHOOLS ハートをつなぐ日通の海外引越しサービス! J weekly -日本語で読めるベイエリアの生活情報誌- TOYOTA SUNNYVALE