サンフランシスコ・サンノゼでの賃貸物件をお探しなら ジャパンリロケーション

創業18年の実績、サンフランシスコ・サンノゼ・ベイエリア全域の賃貸物件は、安心と信頼のジャパンリロケーションへ

Living in Bay Area

2018年11月29日

[カテゴリー: ベイエリア食通信 ]

この時期が旬!クランベリーとざくろ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サンクスギビングが終わり、早々とクリスマスの準備で街は賑わっています。サンフランシスコ・シリコンバレーでこの時期に欠かせない、二つの果物をご紹介します。

クランベリー

サンクスギビング間近になると、店頭に並ぶクランベリー。11月半ばから3月までがシーズンです。古くはネイティブアメリカンが食料や薬、染物に利用し、生活にかけがえのないフルーツとして大切にしてきた果実です。

オレンジジュースや水で煮て作るクランベリーソースは、酸味と甘みがお肉とよく合うので、ターキーのホリデーディナーには欠かせない素材です。ドライクランベリーはトレイルミックスやサラダ、パウンドケーキなどに使われます。

クランベリーは地面に這うように伸びるため、畑に水を張り、その水をかき混ぜて浮き上がってきた身を収穫する「ウェット・ハーベスティング」という独特な方法で収穫されるそうです。クランベリーで真っ赤に染まった水面がとてもきれいです。

ちなみに現地では昔から、尿路感染症の予防と回復にはクランベリージュースを飲むと良いと言われていましたが、 今年イギリスの国立医療技術評価機構は、科学的な証拠がないと発表したそうです。

 

ざくろ(Pomegranate)

9月から12月までがシーズンのざくろは、カリフォルニアの果物の代表の一つです。日本ではジュースや健康食品として人気が高いようですが、果物としては食べられる機会が少ないように思われます。こちらでは食材の一つとして、この季節にはそのままの状態や、実の部分だけパックに入って販売されています。新鮮な甘みと酸味のバランスを味わえるのは、生のざくろならではです。鮮やかな赤色がサラダのグリーンとよく合います。

グレナデンシロップ (grenadine syrup)

カクテルの材料として、味を深め、色合いに赤みを加えるために使われます。ざくろの果汁と砂糖によって作られた、ノンアルコールのシロップです。

 

在米の皆様、アメリカの旬をぜひ味わってみてください。

Living in Bay Area

バックナンバー

お問い合せはこちら


日本語で対応いたします

お問い合せフォーム
List Your Property Free / 物件無料掲載フォーム スーパーマーケット情報 レンタル家具で新生活! スーパーマーケット情報 医療/大学関係者様用特選物件 GREAT! SCHOOLS ハートをつなぐ日通の海外引越しサービス! J weekly -日本語で読めるベイエリアの生活情報誌- TOYOTA SUNNYVALE